やさしい なみだ

まちがった方向へ

-
Photo by kikmoyoo~ はじめに、幼少時代のmifoccoのお話 からお読みください ~-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-こわいから、こんなのいらない!そう決めたからといって霊感が、ピタリ!と治まるわけもなく。笑今でこそコントロールできるようになりましたが、当時はまだ経験の浅い子供です。せいぜい " 気づかないフリ " をすることくらいしかできませんでした。何か感じても、「わたし、ちっとも気がついてませんよ~。ふ~ふふ~ふふ~ん♪(鼻...

魂の世界の名残

-
Photo by Katsumi子供の頃のmifoccoはあらゆるエネルギーをキャッチしていました。その頃は、まだ何の知識もなく、聞こえてくるもの、感じるものすべてに意識を向けていました。それらは、動物、昆虫、植物などの生ける者たち、精霊、木霊、妖精、龍神、土地の守り神などの他にも、人の想念、この世界をウロウロしている魂など、ジャンル(?笑)を問わずなんでもかんでも感じていました。これは、いわゆる霊感というものですが、...

変容への招待状

-
Photo by hiyoko何かが変わろうとしている時、その人の人生にmifoccoがふらりと現れるそうです。ちょうどその人にとって進路を決めなくてはいけないタイミングであったり大きな転換期を迎えた時や変わりたい!と力がみなぎり始めた時などにmifoccoのもとへと導かれていたといいます。ふとmifoccoに連絡してみたくなったり出先でばったり出会ったりだれかの紹介で知り合ったりたまたまブログに訪れたり。そうして、他愛ないおしゃべ...