光たちの約束

386_13977_photost_convert_20110528184141.jpg
Photo by hiyoko



私たちはもともと
『愛でできた世界』の住民です。


そこは、私たちが思い描く楽園よりも
はるかに美しく、この上ない幸せに満ちあふれています。


そこに住むさまざまな個性の " 愛のかけら(光の粒子)" たちは、
ひとつに溶け合い、たゆたい、きらめきながら
至福の喜びを表現して過ごしています。







ある時、小さな一粒の光は、ふとこんなことを考えました。


「私、光なんだよね。光ってるのよね。
でも、どうやったら、それを確認できるのかしら?」




無理もありません。

光しかない世界では、
自分が光っていることを確認する術がないのです。






やがて一粒の光は

光の反対を知ることで
自分の輝きをもう一度理解したい

そう思い始めます。










愛でできた幸せの国。

その国には、最も見晴らしのいいところに
とてもとても美しい建物が建っています。




その中でも、とりわけ美しいクリスタルでできた講堂に
好奇心旺盛な光たちが集まっていました。

なにやら素敵な計画を立てているようです。




光A「私、愛を見失う経験をしてみたいです」

光B「わかった。じゃぁ、私は、あなたを傷つけることで協力しましょう」

光C「では、私は、あなたを否定する役を演じましょう」

光A「ありがとう!Bさん、Cさん。
私は、傷つきもがきながらも" 許す " ということを学びたいと思います。
そして、" 自分を認める "という大切なことを思い出す過程を楽しみます! 」

光B「では私は、傷つけた痛みを背負い " 思いやる心 " を探す勉強をします」

光C「私は、" 他を認める " すばらしさを学びます」








もうひとつの大きな大きな講堂には
数えきれないほどの光が集まっていました。



「つながりを深め、愛を思い出すきっかけになるために、
そして、あの星をよりよい世界へと変えていくために、
" 気づき " のアクシデントを起こしましょう。
それも、とてつもなく大きな規模で!」


そんな提案に、たくさんの光たちが賛同の声を上げています。


「では、私は、そのアクシデントで、はかなくも亡くなる命として
残された人たちに深いメッセージを残します」

「私も、強烈なメッセージを送る方になります」

「私もそうします!」

「私も!!」

「私も!!!」






「私は、残される立場を選んで
強くたくましく生きることで、多くの人に感動を与えたい」

「私もそうしたい!」」

「私も、自身の強さを再認識したい」

「私も、助け合うことで、大きな力を生み出したい」

「私も!」

「私も!!」

「私も!!!!」






「私は、少し離れたところで、何もできない無力さを感じながら、
自分の力を思い出す勉強をしたい」



「じゃぁ、私は、みんなの結束力を高めるために、
その状況を悪用する立場に立ちましょう」



「私は、どんな時でも平静に自分を保ちつづけます」







光の数だけたくさんの「生き方」が飛び交います。





「すばらしい!多くの力が集まって、
新たなエネルギーの循環する至上の世界を創造する瞬間だね」


「あの青い美しい星が、
再び愛に目覚める瞬間に立ち会えるなんて!」



次々と賞賛の声が上がっていました。










光たちは、こうしてさまざまな計画を立てて
魂に個性を凝縮し、肉体をまとい、
希望に胸を躍らせながらこの星へと降り立ちます。


そこで初めて、闇の体験をすることで
自分が光であることを知るのです。


また、限りある時間と、さまざまな制約のあるこの星での経験は、
愛でできた自分たちのすべてが " 永遠である " というすばらしさを
改めて思い出させてもくれるのです。








やがて、この世を去る時がやってくると、
光たちは、たくさんの経験と土産話を両手いっぱいに抱え
愛でできた国へと幸せに帰っていきます。



光から離れ、再び光へと戻る旅を終えた好奇心旺盛な光の粒たち。

そんな仲間たちの経験談を
愛でできた国の住民たちは心待ちにしているものです。




悲しいとは?

苦しいとは?

痛いとは?

むなしいとは?

怒りとは?

許せないとは?

不安とは?




仲間たちの経験を通して、
愛と正反対にある感情を知り、味わいます。


勇敢な地上の光たちが
闇から再び愛へと還ってゆく

その感動のストーリーに

「あぁ!私たちはこんなにも輝いていたんだ!」

と、自らの輝きを、愛を、再確認するのです。










私たちが今、この世界で経験しているさまざまな事柄。
そして、出会う人々。




私たちはあのクリスタルの講堂で
いったいどんな約束をしてきたのかしら?


と思いを馳せると、
得も言われぬやすらぎに包まれます。


同時に、光の奏でる澄み切った喜びの音色が
どこからともなく聞こえるような気がするのです。






ご訪問ありがとうございます。
このブログから、あたたかいものを感じていただけたらうれしいです。
よかったらランキングの応援クリックをお願いします♪
↓ ↓ ↓


テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

性格のすべてが愛おしい

154_j142_convert_20110526193054.jpg
Photo by fumio*



mifoccoの第一印象で
もっとも多く言われるのが「明るい」と「元気」です。



ふむふむ。なるほど。


確かに、mifoccoのほとんどは
明るさと元気でできているかもしれません^^


でも、それが全てではありませんからね。






時々、クヨクヨイジイジさんになったりもしますし

ぷんすかしてみたり

どっぷり不安につかってみたり

急に男前に決断したり

反対にものすごくビクビクしてみたり

ぼーーーーーーーーっと空っぽになったり

過去のイヤな思い出にムキーッ!となってみたり

きっちりやり過ぎて疲れちゃったり

超面倒くさがりに豹変したり・・・・





どうしましょう!
まだまだたくさんありますよっっ!!!笑




これらも全部、mifoccoの中にある性格です。



ダメなところ

足りないところ

欠点

短所

ウィークポイント



ほんとうは、
改め、直し、変えていこうと考えるべきところかもしれませんが
mifoccoは、こんなところも、今は全て愛しています。



どれもが、さまざまな経験から生まれた性質。
いわば、戦友のようなもの。





ここが変われば、ここがなくなれば、もっと幸せになれるのに。

あの過去がなければ、もっと違っただろうに。





そう思うこともたくさんあったけれど、
色んなことを教え、考え方を培ってくれた戦友mifoccoは
今では、なくてはならない大事な友達だと思っています。




「ありがとう」「うれしい」「楽しい」「幸せ」

愛のかけらを、せっせせっせと数えつづけ、
おだやかさと笑顔が増えるにつれ

mifoccoの中の「明るい」「元気」な部分は
どんどん大きくなってきています。



それとともに、
戦友mifoccoはちょっぴりちんまりしてきました。




ちんまりしちゃった戦友mifocco。

あなたのおかげでたくさんの経験ができているのよね。
ほんとうにありがとう。



そう声をかけてみたら、
やさしく笑って祝福のウィンクを返してくれました。






ご訪問ありがとうございます。
このブログから、あたたかいものを感じていただけたらうれしいです。
よかったらランキングの応援クリックをお願いします♪
↓ ↓ ↓


テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

カラスの見てきた景色

146_13457_photost_convert_20110519202147.jpg
Photo by Motoko Alexander



夕方のお散歩タイム。


見晴らしのいい土手を歩いていると、
大きな燃えるような夕陽が
遠くの建物の向こうに沈み始めました。




歩みを止めて
美しいオレンジ色の移ろいを
無心になって見届けていると

傍らに立つ鉄柱のてっぺんに
一羽のカラスがとまりました。



「そこからだと、まだ夕陽がみえるでしょう。いいわね~^^」



そう声をかけてみましたが、
カラスは無言で夕陽を眺めています。



その背中に向かって、
ふとこんな質問をしていました。



「ねぇ。今と昔はずいぶん違うのかしら?

昔はエサがふんだんにあって暮らしやすかった、とかあるのかな?」



なぜかmifoccoは、そのカラスが
悠久の時を生きてきた気がしたのです。







すると


「まだ夕陽が見たかったら、高いところに上りゃいい」



カラスは
江戸ことばのような歯切れのいい口調で
背中を向けたまま答えてくれました。





「昔と今なんて比べやしないさ。

昨日の夕陽もきれいだった。

今日の夕陽もきれいだ。
だから今の夕陽をしっかり見る。

ただそれだけだ。」





オレンジ色に染め上げられたカラスは
とても堂々としていて
そして、ほんとうに満ち足りた顔をしていました。








「 もっと美しい世界を見たかったら、少しだけ動いてみればいい 」


「 なにも比べる必要なんかない。
過去はそっとそのままにしておいて、
今この瞬間の美しさをしっかりみつめるだけでいい 」






そうすれば、きっとあの江戸っ子カラスのように(笑)、
自由に堂々と、幸せの世界を舞うことができるはず。




つい忘れてしまいがちな、とてもとても大事なこと。



夕陽を見るたび
あたたかに思い返すことになりそうです。







ご訪問ありがとうございます。
このブログから、あたたかいものを感じていただけたらうれしいです。
よかったらランキングの応援クリックをお願いします♪
↓ ↓ ↓


テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

calendar

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

mifocco

Author:mifocco
ヒーラー

光の存在や、潜在意識とつながって
最高に輝くあなたをひきだします。

--------------------------

※お問い合わせは
links欄にあります
[mifoccoへのお便りはこちらから]
よりお気軽にどうぞ♪

--------------------------

search

QRコード

QRコード