最期の過ごし方

[frame24005213]c0146251_17402288_convert_20130224005032
Photo by hiyoko




自分の命が今日で終わりだとしたら、
あなたは最期を迎えるその時まで
何をして過ごしますか?




mifoccoは、リビングのひだまりで
ダーリンと手をつないで
ぽてさんもじゃさんをなでながら
ビデオを観てのんびりしていたいな。




悔いのないように心を込めて
慈しむように毎日暮らしているつもりでも。




その日がやってきたら
「もっと○○したかったなあ」と
思うのでしょうね。きっと。




限りあるからこそ、この地球での暮らしは
こんなにも美しく、愛しく、貴いのでしょう。




たとえ、魂は生き続けると分かっていても、
この星に生を受けた奇跡が、
そして、愛する人たちとの
かけがえのない時間とあたたかさが、
私たちに、やさしくて切ない未練を
もたらしてしまうのでしょうね。



-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-

よかったらこちらもお読みください。

最期のことば

-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-

〜満月のグループセッションのお知らせ〜

2/26(火)夜10時より
満月のグループセッションを行います。
どうぞご自由にご参加ください。

※グループセッションについては、
お月さまと暮らすカテゴリーに
いくつか詳しい記事もございます。
ご参照くださいませ^^


-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-

ご訪問ありがとうございます。
応援クリック、とってもうれしいです♪
↓ ↓ ↓


人気ブログランキングへ 

テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

もう一度、お母さんのもとへ

[frame18230569]70967164v1342191772_convert_20130218225926
Photo by 輪




少し前のこと。


ひょんなことから
母が"再々婚"であることが発覚しました。




母が、天国まで持っていこうと心に決めていた秘密が、
時を越え、やさしい贈り物に姿を変えて
母のもとへと届けられました。


今日は、ちょっと不思議なお話です。






mifoccoには、年の離れた姉がいます。


母は、前夫との間にもうけた子供のうち
姉だけを連れて離婚をし、
父と再婚しました。


と、聞かされていたのですが。


じつはその前に
すでに離婚歴があったというのです。







きっかけとなったのは
ある古ぼけた写真でした。


その写真が出てきて、
母は観念したように、重い口を開きました。




(ここから長崎弁ですよ^^)


母「じつは、お母さんね、バツ2なんよ」


mifocco「!!!!!!えええええ!!まじで?!!」


母「うん。いわんどこうって思っとったとけど・・・・・」


mifocco「!!!!!」(←目をパチパチ中)


母「・・・・・・」(うなだれ中)


mifocco「あ、そう〜。ああ、びっくりしたー^^
でも、かっこよかやん!」


母「え・・・・・・・?」


mifocco「だって、事情のあったとやろ?
その時代に離婚も再婚も、大変やったろうに。
ようがんばったたい!かっこよか、かっこよかー^^」







mifoccoの言葉を聞いて
母は堰を切ったように
当時のことを話し始めました。







初めての結婚では
旦那さんにもお姑さんにも
まったく大事にされなかったこと。


ひとりで、とても苦労していたこと。


がまんが当たり前の時代に
だれにも相談できなかったこと。




そんな中、子供を授かって、
ひとすじの希望が見えた時、
子供なんかじゃまなだけだと
中絶させられたこと。


そして、
ひどい扱いを受けていることを知った
唯一の肉親である兄に、
ようやく助け出されたこと。。。







今から60年ほど前は
離婚に対する偏見も
相当であっただろうと思います。


なによりも、せっかく授かった命を
いともかんたんに奪ってしまった自分を
母は苛みつづけたはず。。。


それはそれは、想像もつかないほどの
苦悩があったことでしょう。







母は、話し終わると
「一生いうつもりなかったとけどね」と
小さく笑いました。







午後になって、
姉と、mifoccoの友だちが
遊びにやってきました。







出しっぱなしにしておいた写真から
母の話になりました。




「あのね。お母さんね、じつはバツ2やったとって〜^^」




mifoccoがさらりと告げると、友だちは、

「あらー!おばちゃん、かっこよかや〜ん」

と、何も聞かずに
にっこりとほほえみました。




姉にいたっては

「ふぅ〜ん」だけ。笑







みんなの反応にほっとしたのでしょう。


その後の母は、
とてもとても饒舌でした^^








その日の夜。


枕を並べておしゃべりをしていると、
自然とその話題になりました。







mifoccoは、
ずっとずっと1人で苦しみを抱えてきた母に、
少しでも楽になってもらおうと、
こう声をかけるつもりでした。


『つらかったね。
だけど、その子も、お母さんの事情を
ちゃんと分かってるはず。
自分を責めないでっていってると思うよ。
かわいそうな魂なんかじゃなくて、
立派な魂なんだからね』

と。







けれど、口をついて出たのは
あまりに思いがけない言葉でした。







「だいじょうぶよ。気にせんで。
ちゃんとお母さんのお腹の中で、
寿命ば生きたとやっけん。
長さは関係なかと。楽しかったとよ〜^^

だけん、もう一度
お母さんのところに生まれてきたったい♪」







mifoccoは、自分の言葉に
思わずびっくりしてしまいました。


同時に、あたたかいものが込み上げてきました。







それから、こう続けました。



「また生まれるチャンスばくれて、ありがとうね^^」







この言葉は、いったいなんだったのでしょうか。





mifoccoの魂の記憶?


それとも、高次の存在がいわせた?


はたまた、単なる妄想・・・??^^







その言葉が、
事実かどうか、どこからやってきたのか、
確かめる術はありません。



だけど、それを知る必要は
ないのかもしれません。



涙声で
「そうね。。。そうね。。。。」とくり返す母にとっては、
その言葉は、救いであり、
真実であったのだろうから。







この世で関わる人はすべて
魂同士が会う約束を交わしてきた存在です。




また一緒に過ごしたいね。


そして一緒に
大切な○○○○を学びあおうよ。




そうお互いが求めあい、承諾しあい、
何度も何度も同じ時を選んで
この地球に降り立つのです。






あなたの魂の計画に賛同してくれた人と、
同時に、相手の魂の計画にも賛同したあなた。


みんな、あなたに会うために、
あなたもみんなに会うために、
もう一度つかんだ今世での時間。







連綿と続いていく魂の
成長とよろこびの旅。


その旅を、共にする人はみな
かけがえのない存在ばかりなのです。




-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-

ご訪問ありがとうございます。
応援クリック、とってもうれしいです♪
↓ ↓ ↓


人気ブログランキングへ 

テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

パートナーがほしいなら

[frame14132974]109279377_624v1355164905_convert_20130214132757
Photo by snufkin




「パートナーがほしい」



そう願う方の中には
「パートナーができたら幸せになれるから」と
思っている方も多いですよね。




もし、その根本にあるものが、

自分のことが好きではなくて、
誰かが愛してくれたら
自分のことも愛せるようになれるはず

そんな気持ちだとしたら、
すこし方向転換をしましょうか^^







では、ちょっとイメージしてください。


洋服屋の店員さんを
2つのタイプで見ていきますね。







まずは、
"お店の商品を愛していない"店員さんの場合。


うちの服なんか全然よくないわ!と思っていたら、
お客さんに対して、こんな感じでしょうか。




「素材は化繊で、デザインもスタンダードで、
着心地もまあ、普通ですかね。。。」




もし、こういう風にすすめられたら、どうですか?
(こんな人いないと思うけど。笑)


ちっともいいものじゃないけど
「お似合いですよ」「買ってください」といわれたら??




そこに、相手を思う気持ちがなければ
お客さんはまず「結構です」となりますよね。







では、反対に
"お店の服が大好き"な店員さんの場合。




「アクリルだから、洗濯機で洗えますよ。
型くずれも心配ありません。
ベーシックなデザインだから、
どんなボトムとも相性がいいんです。

形がタイトで、一見着心地悪そうですけど
袖ぐりが大きいので、実は楽なんです。

それに、目立たないんですけど、
ここのステッチを見てください。
赤い糸を使ってあって、かわいいんです。
小さなこだわりが、私大好きなんです♪」




こんな風に幸せそうに説明されたら、
買う買わないは別にして、
愛されているその洋服が
とても魅力的に映りませんか?







たとえ同じ物であっても、
それが好きか、好きじゃないかで
与える印象も大きく違ってきます。


それは、人との関わりにおいても同じですよね。




「私、全然いいところなんかなくて、
自分のことキライ」

と思っているAさんと、


「私、ダメなところもあるけど、
こんなところと、こんなところは
けっこういいと思うな^^」

と思っているBさん。




あなたには、どちらが魅力的ですか?







自分をどう扱っているかは
人にも自然と伝わります。


自分の中にある小さな美点を探し出し、
大切に育める人は、
他の人も同じように見つめることができるので
安心感を与えるものです。







素敵なパートナーや、友だちと出会うには、
"自分をもっと愛すること"から始めましょう^^




まずは、自分への厳しいジャッジをやめて
もっともっと好きになろう♪と決心をする。


そして、自身をいたわり、大切に扱い、
性格を違った角度で見つめ、受け入れ、伸ばしていく。


そんな努力をしている自分を
どんどん評価していく。。。







あなたが自分を愛すれば愛するほど、
同じように愛のまなざしを持った素敵な人と
必ず巡り会えるようになります。







自分の価値を認めるために、だれかに頼る。


そんな関係は、いつかきっと
苦しくなってしまうことでしょう。







自分を愛し、同じように相手も愛し、
そして愛されるという形で
エネルギーが循環する幸せな関係。


素敵なパートナーとの出会いは
自分の心から始まるのです。




-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-

関連の記事です。合わせてお読みください♪

* 自分をもっと好きになる

* 理由なんていらない

* やさしくなりたい

* だから好き。そうでなくても好き。

-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-

ご訪問ありがとうございます。
応援クリック、とってもうれしいです♪
↓ ↓ ↓


人気ブログランキングへ 

テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

calendar

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

profile

mifocco

Author:mifocco
ヒーラー

光の存在や、潜在意識とつながって
最高に輝くあなたをひきだします。

--------------------------

※お問い合わせは
links欄にあります
[mifoccoへのお便りはこちらから]
よりお気軽にどうぞ♪

--------------------------

search

QRコード

QRコード