神様からの贈り物

mifocco

-
2_wreath_13012-1_convert_20110108130929.jpg
Photo by acky




初詣で引いたおみくじ。
mifoccoは " 末吉 " でした。


ダーリンのおみくじをのぞいてみると " 大吉 "





でも、mifoccoは少しも残念ではありません。


おみくじからは
とってもいいエネルギーが伝わってくるのです。






私たちは、ついつい何事にも優劣をつけてしまいがちだけど、
見守ってくれる高次の存在の愛には " 差 " というものがありません。


ときには厳しい教えがあったとしても、
それは、とてもとても私たちを愛しているからこその厳しさなのです。








神様は、いったいどんな言葉を授けてくださるのかしらと
わくわくとおみくじを開き、
祝福にあふれる一文字一文字を幸せな気分で読んでいきました。



最後に、おみくじの裏に書かれた「神の教」を読み始めると、
みるみる涙があふれてきてしまいました。





そこには、
mifoccoがとても大切にしている思考の基本がつづられていたのです。




「その調子ですよ!」

そういって、やさしく抱きしめられた気がして、
mifoccoを満たしていく " 愛されているあたたかな感覚 " を
幸せな気持ちで味わいました。



mifoccoが引くべきだった、この末吉のおみくじ。

愛のたっぷり詰まった神様からの贈り物を
みなさんにもシェアしたいと思います。




きっとみなさんの心にも
やさしく染み入ることと思います。





憂さも、つらさも腹立たしさも、心ひとつのおきどころ。

大空にすむ月の光も、見る人々の心によって、

楽しくも、悲しくも、腹立たしくも眺められる。

自分の身辺に起る凡ての事柄の中に

神様の有難い御教、かたじけないみさとしを味わって、

感謝の気持ちで眺めれば、身も心もほがらかに、

禍いも自ら転じて幸となって来る。








ご訪問ありがとうございます。
このブログから、あたたかいものを感じていただけたらうれしいです。
よかったらランキングの応援クリックお願いします。
↓ ↓ ↓


Posted bymifocco