悲しみの向こうにあるもの

[frame02181922]386_IMG_11132_convert_20130702181659
Photo by hiyoko




先日、仕事仲間でもあった親友が
天国へと帰っていきました。


ここ最近、訃報に接することが多く
普段より命について考えて過ごしています。




mifoccoは、魂は肉体を離れた後も
ずっと生き続けるということを
ちゃんと理解しているつもりです。


魂との対話も、ずいぶんたくさんしてきました。




だから、亡くなるということは、
肉体を脱ぎ捨て、この世を幸せに卒業することで、
見えなくても、いつも側にいてくれるということも
ちゃんと分かっているのです。




だけど。




だけどね。




やっぱり悲しいです。




もう言葉を交わせないこと、
姿を、笑顔を、見られないこと、
ぬくもりに触れられないことは、
とてもとても悲しい。。。


たとえ魂と対話できたとしても、
別れはやはり切ないです。




だからこそ、
ここに存在するということが
いかに尊いもので、
どれほど奇跡に満ちているかを、
改めて実感するのです。







別れは、共に過ごした時間に
幸せがいっぱい詰まっていて、
愛があればあるほど、
喪失感も大きいことでしょう。




そう思うと、これから訪れるであろう
愛する命たちとの別れは、
とてつもなく怖いです。


きっと同じように。

きっと今まで以上に。


悲しくて、会いたくて、苦しいのだろうな、と。







大切な命を通してはじめて体験する
失うという苦しみ。




あまりのつらさから、


出会っていなければ、
こんなに悲しい気持ちも経験しないですんだのに


こんな苦しみを味わうくらいなら
人間として生まれてきたくなかった


いっそのこと、私もついていきたい


こんな風に思ってしまうこともあるでしょう。




それは、ごく当然のこと。




悲しい気持ちは、自然と湧いてくるのだから
無理に抑えることはできないし、
また抑える必要もありません。


がんばって、これまで通りの自分に
戻ろうとしなくてもいい。




まずは、苦しみの淵に沈み、
暗闇をとことん味わい尽くすまで、
時間がかかることを、自分に許してあげましょう。


闇を見つめていた視線が、外へと向かう瞬間は、
いずれ必ずやってくるのですから。







暗闇では、どんなにささやかな光でも
とても輝いて見えるもの。


ある時、ふと、辺りには、
他にもたくさんの光があったことに
気がつきはじめます。







そうして、いよいよ
本当に大切なことを思い出すのです。




それほどまでに愛する存在に
出会えたという真実を。




出会えたよろこびが、

ぬくもりの記憶が、

共に過ごしたやさしい時間が、

失った悲しみよりも
はるかに、はるかに、大きかったということを。







ああ。なんて幸せな体験だったのだろう。


出会えなければ、この幸せもなかったのだ。




そうやって、涙を拭う時。


心を満たすあたたかな光に
愛する命との一体感を感じるのです。




そのやさしい感覚は、
幸せな時間を思い出すたびに、
みんなで楽しく思い出話をするごとに、
そして、今触れることのできるぬくもりに
心からのやすらぎを覚える時に、
どんどんどんどん大きくなっていきます。







悲しみを乗り越え、愛に満たされる時、
たしかに魂とひとつになれる。



愛する魂は、
どこか遠いところに行ってしまったのではなく、
心地よいぬくもりに姿を変えて
私たちの中にいてくれるのです。




いつまでも。いつまでも。


私たちの重ねていく時間を、共に愛でながら。






この世界の、つかの間のお別れは、
ほんとうに大切なことを
やさしく思い出させてくれるのです。





〜 こちらも合わせてお読みください 〜

最期の過ごし方

つながっている実感

-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-

ご訪問ありがとうございます。
応援クリック、よろしくおねがいしまーす♪
↓ ↓ ↓


人気ブログランキングへ 

テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

trackback

calendar

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

profile

mifocco

Author:mifocco
ヒーラー

光の存在や、潜在意識とつながって
最高に輝くあなたをひきだします。

--------------------------

※お問い合わせは
links欄にあります
[mifoccoへのお便りはこちらから]
よりお気軽にどうぞ♪

--------------------------

search

QRコード

QRコード