「よかった!」の魔法

[frame09204982]139268471_624v1380796808
Photo by ぶるちぇ





困ったことが起きて
「ひゃー!どうしよう!!」と思ったら、
すかさず「よし!よかった!!」というようにしています。







たとえば、最近のmifoccoのアクシデントの場合。


夏のまっただ中に
洗濯機が壊れてしまったのですが。


(え?たとえがショボい?でも主婦的には一大事よね!笑)




「きゃー!こわれたー!!回ってくれないーーー!!!泣」

と叫んだあと(笑)

「よし!まあ、よかったよー」と口にしました。




「よかった」というフィルターを通して物事を見ると、

「まあ、なんとか脱水はできるようね」

「なら、しゃあない!手で回して洗うか〜」

「脱水もできなかったら、手で絞らなきゃいけなかったんだもん。
脱水だけでも大助かりだよね♪」

と、こんな風に思えるものです。







これが、「よかった」フィルターなしで動揺したままでいたら

「どどどどど、どうしよう!汗まみれの洗濯物がいっぱいなのに!
手洗いしなくちゃなの?こんなにたくさん?
えー!たいへんだよぅ!!!」

となっていたと思われます(^m^)




「困った!」「どうしよう〜」「もう!!」の気持ちのまま
「大変だ」「ついてない」フィルターを通して考えてしまうと、
「脱水はできる」こんなラッキーなことでも
トーンダウンしていたはずです。


そしてね、その後で、ポジティブに切り替えるのって
案外労力がいるんですよね。

「まあ脱水はできるけど、はあ、、、洗いは手で回すんか〜、、、」

こんな感じで、がんばって視点を変えても
がっくり感がぬぐえない。笑^^







「手で回して洗う」ことに対する気持ちと
「脱水はできる」ことへの感謝。


同じできごとでも、
向き合い方が変わるだけで
気持ちにずいぶん開きがあるものなのです。







アクシデントが降りかかった。


それはもう「ひぇーー!」以外の何ものでもない訳ですが(笑)、
どのみち対処しなくてはならないのなら
気持ちが軽くなる方がいいですよね。




まずは「よかった」を口にしてしまう。
つまり、自分自身に意図を聞かせてあげるということ。


そうすることで、
「クヨクヨ」探しが一旦ストップして、
「よかった」探しがスタートラインとなります。




どんな状況でも、探せば必ず
「よかった」と思える面があるものです。


たとえそれが、ほんの小さなことであっても
やるべき方向に確かな力を与えてくれる。




だから、とりあえず「よかった!」っていってみるのです。
やけっぱちでも。笑




これ、動揺しいのmifoccoにとって
とても頼りになる魔法なのです〜♪





< ちょっとお知らせ >

スペシャルセッションに参加されたみなさまへ。
リーディング結果は全てお送りいたしました。(お待たせしました!)
また、お申し込みの方全員に
お手紙もお送りしております。

その他、mifoccoへメールをくださったみなさんにも
返信メールをお送りいたしました。

もし届いていないなどございましたら
こちら よりお問い合わせください。

-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-

ご訪問ありがとうございます。
応援クリック、よろしくおねがいしまーす♪
↓ ↓ ↓


人気ブログランキングへ 

テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

trackback

calendar

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

profile

mifocco

Author:mifocco
ヒーラー

光の存在や、潜在意識とつながって
最高に輝くあなたをひきだします。

--------------------------

※お問い合わせは
links欄にあります
[mifoccoへのお便りはこちらから]
よりお気軽にどうぞ♪

--------------------------

search

QRコード

QRコード